五戸町 文字の大きさ小中大 背景色標準黒白 Please Select Your Language
現在位置 : ホーム > 暮らしのガイド > 総合政策課 > 町の移住情報 五戸町

町の移住情報

「五戸の暮らし」パンフレット

 

パンフレット表紙

町の移住情報を紹介する「五戸の暮らし」(2版)をダウンロードいただけます。PDFファイル(2405KB)

 

「自分らしさ」を大切にする五戸のくらし

青森県南部地方、地図を広げると右下のほうにある五戸町。


正直、華やかさとは縁遠い町です。
見渡すと田畑、町内だけだと必要なものはなかなか揃わないし、集いの場も数えるほど。
坂が多くて疲れるし、冬の風は突き刺すように痛く、雪だって降ります。

 

だけどその不便さは、どれも五戸に必要なこと。
坂が多いのは先人たちが住む場所を削って開墾した証。
その田畑が住まう人々を支えます。
そして寒さを乗り越えた先にある、春の訪れと作物の芽吹く喜びはひとしお。

 

困ったことがあれば、集いの場で知り合った世話好きのじいちゃんが助けてくれるかも。

 

「新参者だから」なんて野暮なことは言わず、ほどよい距離感で、時におせっかい。
協力的だけど、他人に流されず自分の信念を持つ人が多い町。
そんな人たちの生き方と暮らしを少しだけご紹介します。

 

文化が結びつく町

 「五戸町といえばなんですか?」坂が多い、馬肉、ナガイモ、田舎、寒い、酒蔵が2つある……。小さい町なのに自慢や、象徴するものが案外多くて、なんだか説明しがたい町でもあります。だけど、それぞれのルーツを辿ってみると、結びつきを感じずにはいられないのです。

 

 山林に囲まれ、平地が少ない五戸。限られた平地を農地として活用すべく、五戸川周辺は田畑に、そして人々は高台に居を構え、街が形成されます。しかし夏にヤマセが吹く環境は厳しく、コメよりも大豆やソバの雑穀が主体。町には雑穀の製粉業者がいて、それを加工する駄菓子屋や煎餅屋などが今も残っています。

 

 岩手県や青森県南部地方には、「戸」のつく地名がありますが、これは鎌倉時代に地域を戸制で分けたことが由来です。各戸には牧場が設けられ、それぞれが馬産地になりました。藩政時代に代官所が置かれると、奥州街道が通る五戸は宿場町に。馬市や木材市が開かれ、周辺地域から人が集まり、賑わいをみせます。

 

 五戸にとって馬は資源であり、パートナー。昭和の中頃まで農耕馬として、木材などを運ぶ馬ソリとして活躍する姿が見られました。使われなくなった馬は、感謝と供養の念をこめて食されたそう。五戸では馬肉の事を「さくら肉」と呼びます。昔からよく食べていたのが「馬肉のかやき鍋」。ゴボウ等の野菜と凍豆腐などを一緒に煮込んだ、味噌仕立てのあたたまる料理。その他、兜の形をした鉄鍋で焼く「義経鍋」などもあります。

 

 五戸周辺は黒ボク土という柔らかい土質のため、根菜類の成長に適しています。しかも厳しいヤマセを耐え抜いた野菜たちは、養分を蓄え、力強い味になるのです。

 明治頃になると稲作技術も向上し、コメも安定した収穫量になりました。水に関しては豊かな地域で、八甲田山系や戸来岳などを源にした伏流水に恵まれ、町内には2軒の造り酒屋があります。八戸酒類(株)五戸工場は、3つの湧き水をブレンドした香り高い「如空」。(株)菊駒酒造は濃い味の地元料理に負けないコクを持つ「菊駒」。それぞれ五戸でなければ生み出せない地酒です。
 文化がない所に発展はありません。風土と共存し、文化を育む五戸には素敵な未来がありそうです。

 

五戸町って?

サッカー好き

「サッカーのことになると、特に熱くなる」という五戸の人達。
海はないがビーチサッカーチームもあり、東北で唯一のサンドコートをつくったほど。過去にはJ リーグチームの合宿地として誘致するなど、サッカーに対する情熱はすごいんです。

 

生活費が安い

都会に比べると、生活費は少なくてすみます。中でも驚くのは食費。高いお金を出さなくてもおいしい素材が揃っているし、お隣さんが野菜をおすそ分けしてくれるなど、田舎ならではの喜びがあります。

 

坂道が多い!

高台に開けた町なので、いくつも坂があり、八幡坂、四ツ谷坂、堀合坂、八景坂など名前がついています。坂が多い地形からか、足腰の強いお年寄りが多いとも言われています。

 

町民いこいの場 五戸町図書館

およそ10 万冊以上の蔵書がある大きな図書館です。木でできた館内は落ち着いた雰囲気で、入口を入ってすぐ絵本などの児童書があり、子ども達が遊べるスペースも。中央には、DVD などの視聴覚コーナーがあったり、畳の座敷スペースまで完備されています。
勉強をする学生から子連れの家族、お年寄りまでたくさんの町民が利用する図書館です。

 

なんばんみそ

大根、ニンジン、シソの実などを細かく刻んで唐辛子と醪(もろみ)に漬け込んだピリリと辛い漬物です。五戸の家庭には、冷蔵庫にたいていこれが入っているとか…。

 

倉石牛

酪農が盛んな倉石地区から生まれたブランド牛です。とろけるような味わいと霜降りが特徴で、毎年恒例の「倉石牛肉まつり」は、多くの人で賑わいます。

 

五戸川

五戸町の中心部を流れる「五戸川」は、町のシンボルでもあり、豊かな恵みを与えています。夏には川の環境づくりの一環として、園児たちと一緒にイワナとヤマメの放流会も行われています。

 

農業が盛ん!

米はもちろん、ナガイモやニンニク、アピオスといった根菜のほか、りんご、大豆、そばなどの雑穀もつくられています。就農を考えて移住する若者も増えていて、まだまだ広がりを見せそうです。

 

五戸まきば温泉

昭和51 年にオープンし、平成18 年に宿泊施設と露天風呂がつくられました。温泉にゆったり浸って日頃の疲れを癒やしたり、美容や健康維持を考えた「断食宿泊プラン」も行っているため、女性にもオススメの温泉です。

 

五戸豆ちしき

人口 約17,000人

総面積 177.67平方キロメートル(東京ドーム約3700個分)

 

祭・イベント

8月に行われる「五戸まつり」や「倉石牛肉まつり」、冬のイルミネーションなど年間を通してイベントは豊富です。月イチで行われている「ピクニックマーケット」は充実した内容で、町の人にも人気です。

 

子育て

イベントがある時は、赤ちゃんルームを設けたり託児所があったり、子育て中のお母さんも参加しやすい!図書館も親子で利用しやすいと評判で、お母さんお父さんに優しい町です。

 

気候

豪雪地帯までいきませんが、冬は雪も降りますし、寒いです!夏には冷たいヤマセが吹くこともあり、時には農作物に影響をおよぼすことも。

しかし、気温の寒暖差が少なく、涼しい夏を迎えられる利点も!災害もほとんどありません。

 

ゆるキャラ

地域のゆるキャラとしてはなかなかクオリティの高い「ばおるくん」。幼なじみの女の子「みらいちゃん」もいます。

五戸の人あるある

 

おじいちゃんが驚いた時「じゃっ!」と言う

町民から2 人オリンピック出場!

  • 2016 リオオリンピックレスリング銀メダル 太田忍選手
  • U23 サッカー日本代表 手倉森誠監督

 

奥ゆかしいけど熱いものを秘めている…

「私なんか」と謙遜しておきながら、実は自分の持つ技に自信があったり…

大々的に自分をアピールしません。

 

趣味をつきつめたプロフェッショナルが多い

その為か、職人も多く輩出。
国産初の旅客機YS11 の生みの親、木村秀政氏は五戸町名誉町民。

 

驚くほど「三浦」が多い

(小・中はだいたい下の名前で呼ばれる)

 

移住のギモン

実際に住むなら、どんな制度があって、何が必要か。実際に移住した人の体験談もふまえて、移住の疑問をまとめました。

Q 移住にあたって何か制度はありますか?

A

子育て世代がアパート等を借りて町に居住する場合、月額最大20,000 円の家賃補助が出ます。

【条件】
①夫婦のいずれかが満18 歳以上満40 歳未満の若者夫婦世帯であること。
②家賃補助の受給終了後も、2 年以上継続して町内に定住を確約できること。
③五戸町に住所を有し、町内の民間賃貸住宅に居住していること。
…など。

Q 暮らすにあたって、必要なものは?

A

ストーブと雪かき道具、それと車は必須です。

Q 農業を始めたい!けど何も分からない…

A

青年就農ステップアップ支援事業というものがあります。
支援金を最長3 年間(1 年目:60 万円、2 年目:30 万円、3 年目:18 万円(夫婦の場合は1.5 倍の額))交付しています。
条件としては、
■経営開始日時点で45 歳未満、かつ、経営開始後8 年以内の認定新規就農者または認定農業者。


町には若い農家の方と交流する場があるので、初心者の方でも安心して就農できます。
五戸はグリーンツーリズムも盛んなので、実際に農作業を体験して雰囲気を生で感じてみましょう。


総合政策課
電話:0178-62-2111(代表)
内線:223・224・225・226
電話:0178-62-7953(直通)
FAX:0178-62-6317(代表)
メールアドレス:sogoseisaku@town.gonohe.aomori.jp


  • 町長の部屋
  • 公共施設空き状況
  • 申請書ダウンロード
  • Q&A
  • 行政サービス
  • 五戸町例規集
  • 五戸町議会
  • 五戸総合病院
  • リンク
  • ご意見・ご提案
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
五戸町携帯サイト
http://www.town.gonohe.aomori.jp/m/
五戸町役場 〒039-1513 青森県三戸郡五戸町字古舘21-1 TEL:0178(62)2111(代表) FAX:0178(62)6317
このサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。
Copyright(C) Gonohe Town 2003-www.town.gonohe.aomori.jp